美容整形でコンプレックスと決別!│保険が適用される治療とは

笑顔がもっと美しくなる!
先生

ダウンタイムについて

東京の美容整形外科でメスを使った手術を受けると、傷ができてしまいます。この傷を治すために必要な期間をダウンタイムといい、この期間中は安静にしておかなければいけません。感染症には気をつけながら傷口の回復を待ちましょう。

View Detail

保険が適用される

鏡を見る女性

美容整形では自由診療になるものが多く保険が適用されないケースがほとんどです。二重まぶたにすることや鼻を高くする手術、小顔にするための手術などは美容目的であり治療などの名目ではありません。このような医療行為は基本的に自主負担になります。ですから、東京の美容整形外科で手術を受ける際は保険が適用しないということを覚えておきましょう。しかし、中には例外もあります。実は東京の美容整形外科で行われている手術の中には少ないですが、保険が適用される手術もあるのです。例えば逆さまつげが挙げられます。逆さまつげだとまつげが目に当たってしまい眼球を傷つけてしまうことに繋がるのです。そのため、治療は必要と判断されます。治療が必要不可欠とされる手術であれば、保険を利用できる可能性はぐんと高まるのです。ちなみに逆さまつげの治療方法は二重まぶたにするという方法が用いられます。ですから、逆さまつげの人は安い費用で二重まぶたにすることができるでしょう。他にもワキガも保険が適用されます。ワキガ治療でレーザー治療が用いられますが、この方法で手術を行なうと実費負担になるので、決められた術式を選ぶようにしましょう。ワキガだからといっても自身の体に直接有害になるということはありません。それなのに何故保険が適用されるのかというと、本人が日常生活を正常に送ることができないことや周囲へ与える不快感など与える影響が強いことにあります。もしワキガ、逆さまつげで悩んでいるのであれば、美容整形外科で保険が適用される範囲内で治療を受けましょう。

鏡を見る女性

プチ整形で小顔にしよう

東京の美容整形クリニックには小顔になりたい美意識の高い女性たちが多く集まります。その中ではプチ整形を受ける人が多いです。小顔のプチ整形といえばボトックス注射です。このボトックス注射は持続効果が決まっているので、効果が切れたらまた再び施術を受けに行きましょう。

View Detail

頬を触る人

修正して改善

整形手術をすれば失敗することもあります。その失敗は修正することで埋め合わせるしかありません。この修正は東京の美容整形外科で行なわれています。二重のラインを作る場所が間違ってしまったという場合などは利用しましょう。

View Detail

医者

後悔しないために

東京の美容整形クリニックには、腕の良い医師が多く在籍しています。整形手術を満足のいくものにするためにも、医師選びやクリニック選びはしっかりと行なっておきましょう。

View Detail

カウンセリング

症例写真を参考にしよう

症例写真を参考にすることで、東京にある美容整形外科選びがしやすくなります。ネットで口コミサイトや掲示板を見るのも良いですが、それと合わせて症例写真を見ることも忘れないようにしましょう。

View Detail