美容整形でコンプレックスと決別!│保険が適用される治療とは

ウーマン

ダウンタイムについて

先生

ダウンタイムという言葉は美容整形に興味のある人なら一度は耳にしたことがあることでしょう。ダウンタイムというのは、通常通りに日常を過ごせるようになるまでにある時間のことです。特にメスを使った美容整形は皮膚が大きく傷ついてしまいます。もちろん傷口は綺麗なため、縫えば綺麗にくっついて傷跡も目立たなくなるでしょう。しかし、傷が回復し綺麗に結合するまでにある程度時間が必要になるのです。このダウンタイム期間中は皮膚が腫れることや赤くなって目立つことがあるため、人に見られると驚かれてしまいます。また、整形したこともバレてしまうので完治するまでは安静にしておきましょう。東京のように人が多い場所であれば、サングラスをして歩けば知人にバレることもないでしょう。また、お店に買い物へ行っても驚かれることもありません。東京の美容整形外科では二重術を受ける人が多いですが、特にダウンタイムが長くなるものが目頭切開です。目頭切開をした後は目が腫れてしまい目立つのでサングラスは必須となります。逆にいえば、目であればサングラスで十分隠すことができるので、外でも人目を気にすることもなくなるでしょう。ダウンタイム中は安静にしておくことが基本とされています。安静にする際に必要なことは受けた施術によって異なるため、しっかりと美容整形手術をした担当医に聞いておきましょう。遠い所から東京まで足を運んだという人は、直接東京にいかずに、電話で相談をすると良いです。一番気をつけたいのは、手術を受けた部分をぶつけることです。一度ぶつけてしまうと、傷口が開いてしまい感染症を起こす可能性があるので、傷口が開いてしまわないように気をつけてください。